ウォレット修理

持ち込みのウォレット修理です。
ベルトの剥がれとギボシの穴の広がり、更にステッチ糸の切れと新たにトチカンを付けました。
ベルトの剥がれは縫いではなくボンド付だったのでサイビノールで。
ギボシの穴はベルトを貼り付ける前に間に補強の革を入れました。
縫い直し後新たにウォレットチェーン用のトチカンを付けました。
dscf4794

dscf4796

dscf4810

dscf4813

dscf4843

dscf4845

dscf4858

dscf4859

dscf4860

コメントを書く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です